育児を行う時、特に新米のママの場合には、育児書を参考にしたりします。 この育児書には、育児に役立つ情報が多く掲載されているのですが、この情報をそのまま当てはめて育児を行っても、うまく子育てを行うことはできないのです。 子供の成長については、それぞれにスピードが異なってきます。 成長が早い早熟の子もいますし、逆に成長のスピードがゆっくりな子供もいるのです。 育児書をそのまま信じ込んでしまうことにより、わが子の成長が気になり、何か問題があるのではという余計な心配をすることとなってしまいます。 育児書を参考にしすぎる方の場合、子供のちょっとした点についても神経質になってしまいますが、神経質は子供にも伝染してしまい、気難しい大人になってしまいます。 子育てを行う時には、ある程度のおおらかさを持って行うようにしましょう。 おおらかさを持っていれば、子供のちょっとした点についても気にすることがなくなってきますし、子供もおおらかな大人に育ってきます。