「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを取引して利ざやを生み出す商品です。売買の価格は、常に変化しています。これがレートです。テレビを見ているとドルやユーロの市場の情報が流れる場合があります。たとえば、「ただいまのマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを意味しています。つまり、売買には買いと売りの2つの値段が存在している事を表しています。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表しているFX会社もあったりします。いつもは売値の方が安価に決定されています。買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。その差額をスプレッドといい、FX業者の稼ぎの一部になっています。スプレッドの幅はFX取引会社によって変化します。スプレッド幅はコストになるので、狭いFX取引会社をピックアップするほうが得です。ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッドは変わります。もし通常はドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの差であっても、相場の動きがとても大きいときには1銭よりも広くなったりするのです。そのため、スプレッド幅が狭いのと同様に変化が少ない事が重要です。近頃では変わらないスプレッドの広さを見せるFX業者もいくつも存在します。現実に取引会社の取引画面内で現実のマーケットを調べなければ評価できないので億劫ですが不可欠な事です。多くの投資資金を投じて売買するのですから本物のトレードの前に、魅力的に思えた取引会社の新しい口座開設を全部して示されているスプレッドの広さを確かめましょう。同じ通貨ペアでも、その時点の為替相場の変動率(ボラティリティ)によって、通貨のスプレッドの差は変わります。通常、インターバンク相場で取引量の多い、流動性の高いペアではスプレッドが狭く、その他の通貨ではスプレッドの広さが拡大する事がよくあります。