パソコンのディスプレイの前に座って動いているレートを見ていると、理由無く売買をしなければいけないという感情が生じる状況も少なくありません。だがしかし、ぼんやりした思いつきでエントリーすることだけは避ける必要があります。ご覧の通り、外国為替相場は年中、常時為替市場がやっているし市場も休みなく、動いています。しかし、だからといって注文を繰り返しているとその分だけ損をするリスクが上がります。当然の事ながら、取引の回数を重ねることによって次第に稼げる確率が50%、50%になっていくのは事実です。けれども「なんとなく勘で売り買い」とは別の話だ。売買回数を積み重ねるとは自分が「ここは勝てる」と思える勝機を持った状態での売り買いの回数を重ねるという事を言っています。ただ、連続して売買を重ねるのとは大きく違う。外国為替相場の戦いに臨むには、自ら深く考えてメリハリをつけることこそが不可欠です。「ここはいける」と思い至ったマーケットの時には、迷わず所有ポジションを多くして、覚悟を決めて儲けを追求します。「かなり難解な為替相場で、どう変化するのか考え付かないな」と感じたならば、観念して売買ポジションをひとつも残さないで閉じて放置します。そのくらいのメリハリをつける方が、結果的にはトレードは勝てます。為替相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。本当にその通りだと思います。相場とは、いつでも売買ポジションを所持する事が大切ではなく、どの売買ポジションも保持せずじっとしていることも相場なのである。では、どの場面で、休む必要があるのでしょうか。第1に考えられるのが、先述の通り、これから先の相場展開が今ひとつ判断できない時です。ドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は、分からないまま行動すると、自身の書いたシナリオとは逆の方向に為替相場が推移してしまい、損してしまいます。だから、そんな場合はポジションを0にして黙ってみているだけがいいと思います。ふたつめは、自身の体の具合が変なときです。体の調子とマーケットにつながりがない思う方もいると思いますが実は大きく関係あります。体の調子がすぐれなければ、市場の重要なところで落ち着いた決定が出来ない場合が多くなります。気分が乗らない時は相場から距離を置くことも肝心な事です。